名古屋 介護リフォーム

介護保険を使ったリフォームをする前の準備

リフォームをする家を改めて点検をしましょう。点検して実際はどこを、どういった風にリフォームすべきか再度話し合いをしましょう。一人だけで介護リフォームの事を進めてしまうと、他の家族が後で不便を感じたりする場合があります。介護リフォームの進め方の基本はまずみんなで話し合い、全面的に改修すべきか、それともリスクがある段差や階段などの部分だけを改善すべきか、その確認をしっかりとしておきましょう。

 

どこをどういった風にリフォームすべきか、介護を受ける人の意見を参考にすることも大事です。健常者にはわからない、ちょっとした段差や突起物が生活の邪魔になっている場合は多々あります。階段に手すりを取り付ける、邪魔な住宅設備は取り除く、トイレやお風呂にバリアフリーの工夫を凝らす、こういった些細な介護リフォームを行うだけでも、本人の負担は大幅に軽減されます。

 

要介護の程度にもよりますが、自宅の難所をリフォームするだけで全面的な介護が不要になる場合も多いです。普段身の回りの世話を手伝っている方の苦労が、介護リフォームを施す事で大きく減ります。実際にリフォームの計画がかたまったら、次はリフォーム業者の比較検討をしていきましょう。

介護保険で助成金の対象となる住宅改修の種類とは

介護保険制度では、高齢者が自宅で安全に自立した生活をおくれるよう自宅の改修に必要な費用の一部を給付しています。

 

介護保険制度で要介護・要支援認定を受けているすべての方が対象となり、介護保険の被保険者証に登録されている住所の自宅が対象となります。

 

要支援1認定の状態は「排泄や食事はほとんど自分ででき、介護は必要ないが、生活の一部に支援が必要な状態」とされています。軽度な要支援1のとき早めに住宅改修を行っておけば、日常生活で思わぬ怪我をする心配もなくなりますし、介護する側もされる側も負担が大きく軽減されます。

 

住宅改修の種類は、1. 手すりの取付け、2. 段差の解消、3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更、4. 引き戸等への扉の取替え、5. 洋式便器等への便器の取替、そしてこれらの住宅改修に付帯して必要となる改修となります。壁や床などの補強工事などが付帯改修に含まれます。

 

家の中の場所ごとに、どのような改修が対象となるか主な例を見ていきましょう。

介護保険で助成金の対象となる住宅改修

玄関

段差が多い場所であり、靴の着脱で不安定な動作になりやすい場所です。外構部分である道路までの通路も改修の対象となります。

[主な例]

手すりや踏み台の取付け。敷居の段差がないものへの交換。玄関から道路までの通路の段差にスロープを設置。

廊下、階段

足腰が不自由になってくると廊下の長さが移動の負担になります。階段にも滑り止め対策が必要です。

[主な例]

手すりや滑り止めの取付け。滑りにくい床材への変更。

トイレ

和式トイレは膝や腰への負担が大きく姿勢も不安定になりやすいものです。また補助具を使ったときに入りやすい扉設備は重要です。

[主な例]

和式便器から洋式便器への交換。手すりの設置。段差の解消。開き戸から折れ戸やアコーディオンカーテンへの変更。ドアノブの変更。

お風呂場

トイレと同じく入りやすい扉設備は介助を楽にします。濡れても滑りにくい床材も大切です。

[主な例]

滑りにくい床材への変更。手すりの設置。段差の解消。開き戸から折れ戸や引き戸の変更。

寝室

体を起こす動作が必要な場所です。完全に目覚めていないときでも安心なように滑りにくい床材や要所への手すりが助かります。

[主な例]

畳敷きからビニール系床材など滑りにくい床材に変更。手すりの設置。段差の解消。

 

家の中には小さな段差が多く、意外と危険が潜んでいるものです。慣れ親しんだ自宅で長く暮らし続けるために、上手に介護保険制度を利用していきましょう。

介護リフォームの体験

米寿を前にして、私の母は軽い脳梗塞で倒れ、幸い後遺症は残らなかったものの、歩行状態が急に悪化し、少し痴呆の傾向も見られるようになりました。それでも、室内では杖をついて歩行でき、押し車を使えば少しの外出は出来る状態でした。

 

ここで、介護認定を受けました。要介護2の認定でした。ここで幸い近所に住む兄弟夫婦とヘルパーで生活介助をし、母が自宅で住み続けられる様に介護リフォームも行いました。

 

玄関の表に手すりを取り付け、玄関の上がりたての段差を小さくする踏み台と手すりの設置、トイレ、浴室にも手すりを付け、さらにキッチンとリビング間の段差をキッチンの床を貼りかえる事で無くし、さらにその間仕切りの重いガラス戸も安全で軽いプラスチックを嵌め込んだ引き戸に変えました。
古い住宅で、車椅子生活となった時にも対応できるリフォームは困難で、弱々しくても自力でトイレに立てる状態を前提にして、可能な介護リフォーとして上記を行いました。

 

総費用はキッチンのリフォームに費用が嵩み、70万円弱を要しました。しかし、介護保険の助成金が20万円頂け、結局50万円の費用で済みました。これで何年か、すこしでも住み慣れた実家で生活介助を受けつつ生活できれる事を考えれば、ある意味決して高くない出費でした。交代で母の夕食の準備をする兄弟の妻達にとっても、綺麗なキッチンで気持ち良く食事を作る事が出来、リフォームして本当に良かったと思います。

 

こうした生活を1年半程経て、更に歩行状態はさらに悪化し、入浴が素人の介助では無理な状態となりました。リフォームが無理なので、デイサービスを週3日利用し、そこで入浴させてもらうようにしました。この時には介護度3となっていました。

 

すでにレンタルで介護ベッドも導入していましたが、そこから立ち上がれても、次第にトイレに行く事が困難になりました。そこで老人介護保険施設に入居して歩行訓練を受け、歩行が改善しつつあった時に病気で入院し、2か月の入院後に施設に戻って歩行訓練をやり直してもらいましたが、今度はとうとう歩行能力は戻らず、要介護度も4に上がり、その時点で特別養護老人ホームへの入居に切り替えました。

 

高齢者にとっては、少しでも住み慣れた自宅で介護を受けつつも暮らせる事が幸せです。その為には、私のケースの様な介護リフォームを専門業者さんと相談し、介護保険や自治体独自の補助金も有効に活用させてもらって行う事が重要です。

 

その上で、さらに身体能力が衰え、自宅介護では危険な状態となり、身内での介護が無理だと判断すれば、介護施設での介護に切り替えることも必要だと思います。

介護リフォーム業者一覧

名古屋市内

店名 TEL 住所
名古屋鈴木建築 052-851-7043 〒467-0813 愛知県名古屋市瑞穂区西ノ割町3丁目19-2
オオタ建設株式会社 052-783-2222 〒465-0087 愛知県名古屋市名東区名東本通3丁目51番地 オオタビル
株式会社丸増商会 052-331-0666 〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田4丁目17-8
株式会社ウッデンホームズ 052-659-4738 〒456-0051 愛知県名古屋市熱田区四番2丁目1-12
株式会社土樹和 052-858-1090 〒466-0015 愛知県名古屋市昭和区御器所通1丁目18-1
ユーライフ 052-912-8966 〒462-0844 愛知県名古屋市北区清水5丁目21-23
株式会社 Face Off 052-963-5366 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-6-41
株式会社ミズノ 052-652-6886 〒455-0001 愛知県名古屋市港区七番町5丁目3番地
未来型介護事業所グランド・ケア 052-709-5022 〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社3丁目102 東名ビルディング1階
有限会社エステック 052-901-9198 〒462-0061 愛知県名古屋市北区会所町76
エクステリアエムズ 052-876-3186 〒458-0004 愛知県名古屋市緑区乗鞍2丁目801
姫野建設株式会社 052-772-1533 〒465-0007 愛知県名古屋市名東区香坂605
ガーデン百合 052-806-6115 〒468-0011 愛知県名古屋市天白区平針3-109 第2栄和ビル301

 

尾張旭市

店名 TEL 住所
クリア株式会社 0561-53-7466 〒488-0859 愛知県尾張旭市桜ヶ丘町1-113

 

津島市

店名 TEL 住所
有限会社クニックス 0567-25-4410 〒496-0005 愛知県津島市神守町字中町96-1